新・鞍馬天狗 作品情報

しんくらまてんぐ

大佛次郎の“鞍馬天狗”を安田公義が監督したシリーズ第一作目

動乱の幕末、京洛の巷では、連日、倒幕に命を賭ける各藩の志士たちと新選組との死闘が展開されていた。そして、その闘争の最中、忽然と現れて志士たちを助け、またどこへともなく姿を消す覆面の武士、それが鞍馬天狗であった。新選組は、そんな怪人物の正体をつきとめようとやっきになっていたが、当の鞍馬天狗こと倉由典膳という浪人は、路地裏の荒物屋に二階を借り、近所の子供たちに習字を教えて、のんびりと生計を立てていた。そんなある日鞍馬天狗は、壬生の屯所に捕われた長州藩士を救わんとして、見張をしていた新選組隊士舟曳休之助を斬ってしまった。ところが、この休之助の姉おとよは典膳がいきつけの小料理屋“ふか川”の女主人で、典膳に秘かな思慕をよせていた。

「新・鞍馬天狗」の解説

大佛次郎の“鞍馬天狗”を、「女めくら物語」の相良準三と「若親分出獄」の浅井昭三郎が共同で脚色、「眠狂四郎魔性剣」の安田公義が監督した“鞍馬天狗”シリーズ第一作目。撮影は「眠狂四郎炎情剣」の森田富士郎。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督安田公義
出演市川雷蔵 中村玉緒 藤巻潤 中村竹弥 藤原礼子 五味龍太郎 二宮秀樹 中村敦夫 村尾真弓 本郷秀雄
制作国 日本(1965)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「新・鞍馬天狗」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 16:04:56

広告を非表示にするには