夏の祈り 作品情報

なつのいのり

原爆犠牲者への御魂と未来に捧げる叙事詩

夏の祈りのイメージ画像1
夏の祈りのイメージ画像2

舞台となる「恵の丘長崎原爆ホーム」は、被爆高齢者のための日本最大規模の特別養護老人ホーム。利用者たちは年に数度、ホームを訪ねて来る小中高生のために被爆劇を上演する。これまでホーム内での長期間の撮影が許可されたことはない。それが本作で許可された背景には、被爆から60年以上が経過し、利用者も高齢となり、被爆体験を語り継ぐ人も年々亡くなる中、「今のうちに被爆者の真の姿、声、思いを遺しておきたい」との祈りともいえる切実なる思いがあった。1945年8月9日午前11時2分、長崎への原爆投下。多大の犠牲者を生み、崩壊した浦上天主堂や純心女子学園など、今を生きる人々の記憶と日々の営みの中に、人間が創り出した核兵器の恐怖と不条理、その犠牲となった人々の苦悩と哀しみが静謐な映像のうちに浮かび上がる。

「夏の祈り」の解説

本作の撮影終了直後、2011年3月11日、東日本大震災による東京電力福島第1原子力発電所の事故が発生した。被爆と被曝の違いこそあれ、今回の事故を予言するかのように、外部被ばく、内部被ばくの恐怖、そして、核爆発により放出された放射線や放射性物質によって傷ついた遺伝子は生涯にわたってがんになる可能性があることを、本作が警告している事実は衝撃的だ。監督は20年間で100本以上のTVのドキュメンタリー作品を作り続けてきた映像作家・坂口香津美。撮影に2年を要した初のドキュメンタリー映画となる本作の製作の動機には、当時17歳の娘を広島の原爆で亡くし、自らも被爆した大叔母の存在があるという。語りは、映画『キャタピラー』でベルリン国際映画祭最優秀女優賞の寺島しのぶ。被爆という想像を絶する体験を負った人々を包み込むような慈愛に満ちた語り口によって映画は導かれていく。(作品資料より)

夏の祈りのイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2012年8月11日
キャスト 監督・撮影坂口香津美
ピアノ演奏小林愛実
フルート演奏新村理々愛
語り寺島しのぶ
配給 ゴー・シネマ
制作国 日本(2012)
上映時間 129分

(C)2011 SUPERSAURUS

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「夏の祈り」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 16:04:55

広告を非表示にするには