東京の恋人('52) 作品情報

とうきょうのこいびと

井手俊郎の脚本を、千葉泰樹が監督した作品

東京の恋人('52)のイメージ画像1

ユキは街頭の似顔絵描き、正太郎、忠吉、大助の三人は同じく街の靴磨きと靴直しをしていた。四人は同じ江東の貧しい裏町に住み、同じ銀座の並木通りにある宝山堂という宝石屋の前で店開きをしていた。ある日この宝石屋へ、黒川という宝石の偽物作りの名人が店飾り用に時価五十万円のダイヤの指輪の偽物を届けたことから、事件が起こった。宝山堂のあるビルでパチンコ玉の製造をして大儲けをしている赤澤の二号小夏は、このダイヤを赤澤に買わせて偽物と取り替え、その差額を自分の懐に納めようとした。しかし赤澤が偽物を買って本物だと言って小夏に与えようとしたことから事がこんがらがり…。

「東京の恋人('52)」の解説

製作は「若い人(1952)」の藤本真澄と戦前「蒼氓」などの監督作品のある熊谷久虎との共同により、「金の卵」の井手俊郎が脚本を書き、同じく「金の卵」の千葉泰樹が監督に当たっている。撮影は「戦国無頼」の飯村正。主演者は「風ふたたび」の原節子、「戦国無頼」の三船敏郎、「やぐら太鼓」の杉葉子のほか、森繁久彌、清川虹子、河村黎吉、飯田蝶子、藤間紫、藤原釜足などである。(作品資料より)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督千葉泰樹
出演原節子 三船敏郎 杉葉子 小泉博 増淵一夫 井上大助
制作国 日本(1952)

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、3件の投稿があります。

P.N.「pinewood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2020-10-11

日本映画専門チャンネル蔵出し名画で放映されたのが本篇監督&脚本の名コンビの名篇〈金の卵〉。撮影所の舞台裏を含めて女優志願のプロセスと取り巻く人間群像が鮮やかに軽妙なタッチで描き出される。正しく監督の千葉泰樹節が見られる。名匠・小津安二郎作品や成瀬監督作品等とも並ぶホームcomedyの醍醐味で。ヒロインには島崎雪子。本篇の原節子、三船敏郎等のスター陣の顔も。池辺良、杉葉子,三國連太郎他

最終更新日:2021-03-05 15:03:50

広告を非表示にするには