不惑のアダージョ 作品情報

ふわくのあだーじょ

わたしは、このままここで生きていくのか。40歳を迎えた修道女が、ゆるやかに“女性”に目覚めていく…。

不惑のアダージョのイメージ画像1

40歳を迎えた修道女の真梨子は、更年期を迎え、密かに思い悩んでいた。彼女の生活は住まいと教会を往復するのみで、信者以外との接触もない。しかし、バレエ教室でのピアノ伴奏を頼まれ、真梨子はバレエ教室に通う事に。肉体を厳しく律しつつも、音楽に身を任せ、感情を踊りで表現するバレエダンサーたちと接するうち、彼女の中で何かが変わり始める。そして、神父に頼まれてある男性の元に真梨子は手紙を届けに行くのだが…。

「不惑のアダージョ」の解説

2008年のゆうばり国際ファンタスティック映画祭にて『大地を叩く女』で注目を浴びた井上都紀監督の初長編作。清貧・貞潔・服従の生活を送る修道女を主人公とし、“女性”という自らの性に悩む修道女の姿を丁寧に描く。修道女という極端な立場でなくとも、出産、更年期、閉経といった身体の変化を多く経験し、バイオリズムに感情まで左右されがちな女性ならば、主人公の鬱屈した感情にはきっと共感できるだろう。主人公を演じるのはミュージシャンの芝草玲。劇中ではピアノ、アコーディオンなどの演奏を披露し、主人公の感情の開放を音楽で見事に表現している。また、バレエダンサーの西島千博と橘るみも特別出演。華麗なバレエを見せている。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2011年11月26日
キャスト 監督・脚本・編集井上都紀
出演柴草玲 千葉ペイトン 渋谷拓生 橘るみ 西島千博
配給 ゴー・シネマ
制作国 日本(2009)
上映時間 70分

(C)2009 Autumn Adagio Film Committee

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「不惑のアダージョ」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 16:04:18

広告を非表示にするには