哥 作品情報

うた

「無常」「曼陀羅」と日本人の内なる精神構造を描くその完結編とも云うべき第三作目

丹波篠山の山あいに豪荘な邸宅を構える森山家は、時価百億といわれる山林を所有するこの地方きっての旧家である。当主伊兵衛は七十歳を過ぎ妻ヒサノと此家に古くから使えている召使浜とひっそりと暮していた。伊兵衛には三人の息子がいる。長男康は、本家を離れて独立、法律事務所を開業している。妻夏子は二十七歳。結婚後数年になるが、康の無力のため毎夜欲求不満に落ちいっていた。次男徹は、かつて将来を嘱望された新進の画家であったが、挫折、出奔、以来消息を絶ってしまった。三男淳は、実は伊兵衛と浜の子供であるが、この秘密は守られ伊兵衛夫婦、浜そして淳自身しか知らない。淳は、浜から森山家を守るよう言われており、康の家に書生見習として住み込み、忠実に働いていた。康の家には他に、司法官試験に合格することを夢みる青年和田と肉感的な女中藤野が同居している。二人は、日夜、主人の目を盗んで愛欲におぼれていた。ある夜、夏子はいつものように夜廻りをしている淳の懐中電灯に照し出された、和田と藤野の情交の現場を目撃してしまった。

「哥」の解説

地方の旧家を通じて、われわれの身体と心を縛りつけている故郷を模索する。脚本は「曼陀羅」の石堂淑郎、監督も同作の実相寺昭雄、撮影は中堀正夫がそれぞれ担当。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督実相寺昭雄
出演篠田三郎 八並映子 桜井浩子 田村亮 内田良平
制作国 日本(1972)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「哥」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 16:03:41

広告を非表示にするには