浪人八景 作品情報

ろうにんはっけい

加藤泰が監督した明朗時代劇

箱根で、浪人比良雪太郎は武家娘松江に頼まれ江戸まで偽装夫婦になることにした。スリの吉松や浪人三井も供についた。松江は侍の追手から追われていた。追手は和州郡山藩のものと知れた。郡山藩は、雪太郎の旧主の姫露姫の輿入れさきである。彼女のお相手役だった彼は秘かに姫と愛し合ってい、自から藩を飛びだしたのだった。江戸で、雪太郎は吉松の家に居候し、郡山藩分家大学邸にやとわれた隣家の浪人堅田、居酒屋の女将お妻や、吉松、三井らの助けで、郡山藩の内情を探った。彼は大学の側用人曲崎に仕官をすすめられた。それがクサかった。

「浪人八景」の解説

産経時事連載の山手樹一郎の原作を、「七番目の密使」の鈴木兵吾が脚色、「風と女と旅鴉」の加藤泰が監督、「千両獅子」の伊藤武夫が撮影した明朗時代劇。主演は「大江戸七人衆」の市川右太衛門、「大菩薩峠 第二部(1958)」の長谷川裕見子、「火の玉奉行」の雪代敬子、勝浦千浪、進藤英太郎など。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督加藤泰
出演市川右太衛門 藤田進 千秋実 堺駿二 志村喬
制作国 日本(1958)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「浪人八景」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2020-07-29 00:01:05

広告を非表示にするには