イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ 作品情報

いぐじっとするーざぎふとしょっぷ

アカデミー長編ドキュメンタリー賞にノミネートされたグラフィティ・アーティスト、バンクシー初監督作品

LA在住のフランス人ティエリーは、どんな時でもビデオを回す大の撮影マニア。そんな彼がフランスに戻った際、グラフィティ・アーティストのいとこスペース・インベーダーに会い、グラフィティ・アートに目覚める。その後、他のグラフィティ・アーティストの記録映像を撮り始めた事から、世間に正体を一切明かさない有名アーティストのバンクシーの撮影許可を得た。ところが完成した映像を見たバンクシーはある事を思いつく。

「イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ」の解説

ドキュメンタリーが面白いのは作り手が思い描いていた事から、ズレていく事。当初ティエリーが長年撮りためていた“グラフィティ・アーティストたちのドキュメンタリー”になるはずだった。ところがこのティエリー、作品を発表した事もない“自称映像作家”で、撮ったテープを見返す事がなかった。そんな彼が1年かけてテープを編集したが、その映像は当人以外訳のわからないシロモノ。取材対象だったバンクシーはティエリーの才能のなさに、今度は逆にティエリーを主体としたドキュメンタリーを作り出す。やがてティエリーはバンクシーの勧めで作品を作り始め“MBW(Mr.Brain Wash)”と名乗り、大規模な個展を開く。どこまでが本当でフィクションかわからない。大いに笑い、大いに考えさせられるドキュメンタリーだ。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2011年7月16日
キャスト 監督・出演バンクシー
出演ティエリー・グエッタ スペース・インベーダー シェパード・フェリー
ナレーションリス・エヴァンス
配給 パルコ、アップリンク
制作国 アメリカ=イギリス(2010)
上映時間 90分

(c)2010 Paranoid Pictures Film Company All Rights Reserved.

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2019-11-14 09:28:17

広告を非表示にするには