キャリー('76) 作品情報

きゃりー

いつもバカにされていた女の子が、実は念動能力者(テレキネシス)であった事から起こるサスペンス作品

キャリー('76)のイメージ画像1

メイン州チェンバレンのハイスクールに通うキャリーは、冴えない容姿とおどおどした物腰で、学校中の笑い者にされていた。ある日、体育授業がおえ、シャワーを浴びていたキャリーは、17にして初潮を迎えた。はやしたてるクラスメート達。教師により騒ぎはおさまったものの、事件は学校中に知れ渡った。キャリーは母1人子1人の家庭で育っており、母は狂信的な正統キリスト教信者で、性を罪悪視し、肉体の成長はよこしまな邪念の現われだという人間。さらにキャリーの超能力のため、2人の仲は悪かった。一方、シャワー事件により、キャリーをいじめた張本人クリスらのグループは、近づく春の舞踏会の出場を停止させられた。そんな中、キャリーの近くに住むスーだけは、今までの態度に反省していた。そして、教師の説得もあってエスコート役のないキャリーのために、スーのボーイフレンドのトミーの提供を申し出る。トミーは女子学生注目の的なのだ。図書館で彼の申し出を受けるキャリー。この事は、クリスらのキャリーへの憎しみを一層つのらせた。

「キャリー('76)」の解説

製作はポール・モナシュ、監督は「ファントム オブ パラダイス」のブライアン・デ・パルマ、脚本はローレンス・D・コーエン、原作はスティーブン・クング(新潮社刊)、撮影はマリオ・トッシ、音楽はピノ・ドナジオが各々担当。出演はシシー・スペイセク、ジョン・トラヴォルタ、パイパー・ローリー、エイミー・アーヴィングなど。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督ブライアン・デ・パルマ
出演シシー・スペイセク ジョン・トラヴォルタ パイパー・ローリー エイミー・アーヴィング ウィリアム・カット ナンシー・アレン ベティ・バックレイ P・J・ソールズ
制作国 アメリカ(1976)
年齢制限 R-15

(C)1976 METRO-GOLDWYN-MAYER STUDIOS INC. All Rights Reserved

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、1件の投稿があります。

P.N.「pinewood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2019-01-04

ブライアン・デ・パルマ監督の本編の様式美は見事に斬新にホラー映画を書き換えて仕舞った…。苛められっ子の猛反撃がサクリファイス、基督の迫害・生け贄の受難史と重ねて紡がれるー。コンテストへと誘うダンスシーンは回転する流麗なカメラワークで撮られスローモーションを駆使した圧巻のカタストロフィー?

最終更新日:2019-10-17 11:55:47

広告を非表示にするには