もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら 作品情報

もしこうこうやきゅうのじょしまねーじゃーがどらっかーのまねじめんとをよんだら

女子高生がドラッカーの理論に基づき野球部をマネジメント! 話題のベストセラーを映画化

病気で入院している親友の夕紀の代わりに、程久保高校野球部のマネージャーになった川島みなみ。しかし、程高野球部は万年一回戦敗退の弱小チーム。なんとか立派なマネージャーになり、野球部を甲子園に連れて行きたいと思ったみなみは、書店で世界中のマネージャーが読んでいるというP.F.ドラッカーの「マネジメント」を勧められる。その本の中の一節に感動したみなみは、ドラッガーの理論に基づき、野球部のマネジメントを始める。

「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら」の解説

2011年4月現在で、累計発行部数250万部を記録している岩崎夏海の大ベストセラー小説を、AKB48の前田敦子主演で映画化した本作。ドラッカーの理論を基に、“野球部”や“野球部の顧客”の定義を固め、“マーケティング”や“イノベーション”に取り組んで、野球部をマネジメントしていく女子高生の姿を描く。彼女のマネジメントの結果、野球部員たちや顧問の教師が、目標を達成するために成長していく様子は、なかなか感動的だ。ひたむきに野球に打ち込む瀬戸康史、池松壮亮、西井幸人ら、野球部員たちの姿も清々しく、スポーツ青春映画としても楽しめる。メガホンを取ったのは、『雨の街』『うた魂♪』の田中誠。総合プロデュースは秋元康が務めている。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2011年6月4日
キャスト 原作岩崎夏海
総合プロデュース秋元康
監督田中誠
出演前田敦子 瀬戸康史 峯岸みなみ 池松壮亮 川口春奈 大泉洋 西田尚美 青木さやか 石塚英彦
配給 東宝
制作国 日本(2011)
上映時間 125分

(C)2011「もしドラ」製作委員会

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

総合評価:4点★★★★、19件の投稿があります。

P.N.「夕紀LOVE」さんからの投稿

評価
★★☆☆☆
投稿日
2011-07-24

キャストはよかったけど、ストーリーは少し原作に忠実すぎたかな。原作を読み返しただけに思えました。特に夕紀が死なないラストを期待していましたが…。


レビューを投稿する

「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2019-03-13 15:22:33

広告を非表示にするには