ほしのふるまち 作品情報

ほしのふるまち

富山県を舞台に繰り広げられる、高校生たちの優しい“再生”ラブストーリー

東京で進学校に通う恒太郎は留年が決まってしまい、母親の意向で富山県に転校することになった。恒太郎が身を寄せることになったのは、遠い親戚に当たる宮本家。賑やかな宮本家の面々は、落ち込む恒太郎を温かく迎えた。その隣に住む同級生・渚は、ひとりで家計を支える母親を手伝うため、看護士になる夢を諦めかけていた。学校に徐々に馴染んできた恒太郎は、文化祭の出し物として渚とふたりでプラネタリウムを作ることにする。

「ほしのふるまち」の解説

「ジャストミート」「冬物語」で知られる青春漫画の巨匠、原秀則の「少年サンデー」で連載された同名人気漫画を実写映画化。富山県の高校を舞台に、高校生たちの恋愛、将来への不安と希望を繊細に描く青春ストーリーだ。東京で挫折して転校してきた主人公・恒太郎に『BECK』『大奥』などの注目若手俳優、中村蒼、ヒロインの渚に『書道ガールズ!わたしたちの甲子園』『武士道シックスティーン』などで注目を浴びる山下リオなど、フレッシュな顔ぶれがみずみずしい。富山県氷見市の美しい風景と温かい人情をバックに、将来への不安を抱える若者たちが自分の輝ける道を模索しながら、今を精いっぱい生きる姿を感動的に描いている。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2011年4月2日
キャスト 監督川野浩司
出演中村蒼 山下リオ 児玉絹世 KG 柴田理恵 羽田美智子 トミーズ雅 笑福亭松之助 手塚理美
配給 よしもとアール・アンド・シー
制作国 日本(2011)
上映時間 120分

(C)2011「ほしのふるまち」製作委員会

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「ほしのふるまち」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 16:02:01

広告を非表示にするには