アメリア 永遠の翼 作品情報

あめりかえいえんのつばさ

夢と自由を追い求めて空を飛ぶ

1928年、乗客として大西洋を横断した初めての女性アメリア・イヤハートは、パブリシストで後に夫となるジョージ・パットナムと組んで著書の出版や講演会など様々なプロモーション活動を展開し人気セレブの地位を確立する。1932年、今度は自らが操縦桿を握り女性初の単独大西洋横断を達成する。これを皮切りに大陸横断、太平洋横断と次々に記録を塗り替えてゆく。そんな彼女の最大の夢は世界一周飛行だった。

「アメリア 永遠の翼」の解説

大恐慌によって米国全体が疲弊していた時代、夢と希望という最大のカンフル剤で人々を元気づけた女性パイロットの第一人者アメリア・イヤハートの半生を描いた本作。ガッツのあるヒロインをやらせれば右に出る者なしのオスカー女優ヒラリー・スワンクが主演だけでなく、自ら製作総指揮も買って出るほど惚れ込んで完成させた力作である。自由を愛する妻を待ち続ける献身的な夫役にリチャード・ギア、不倫相手のパイロット役にとびきりハンサムなユアン・マクレガーら豪華キャストを揃え、アメリアが最も愛したエレクトラ機を復活させ、メガホンをとったのは『モンスーン・ウエディング』『その名にちなんで』のミーラー・ナーイル。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2010年11月27日
キャスト 監督ミーラー・ナーイル
出演ヒラリー・スワンク リチャード・ギア ユアン・マクレガー クリストファー・エクルストン ミア・ワシコウスカ
配給 ショウゲート
制作国 アメリカ(2009)
上映時間 111分

(C)2009 Twentieth Century Fox

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

総合評価:4点★★★★、1件の投稿があります。

P.N.「リカギア」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2010-12-10

アメリア・エアハートという女性の生き方、人間性には私個人は全く共感も感動もしなかったのですが、夫となるリチャード・ギアの演技…ただの善人ではないけれど妻の為なら全てを捧げる愛情と彼ならではの包容力が素晴らしかったです。ユアン・マクレガーも存在感ありました。当時を再現した衣装が素敵です。

最終更新日:2020-08-04 16:24:03

広告を非表示にするには