桜田門外ノ変 作品情報

さくらだもんがいのへん

幕末、日本国の動乱期、水戸藩の無名志士らは何を思い、「桜田門外ノ変」を起こしたのか…

安政7年(1860年)、尊王攘夷を唱えた水戸藩藩主・徳川斉昭は、開国派の幕府大老・井伊直弼より永蟄居を命じられていた。事態を憂慮した水戸藩士有志は、脱藩して井伊直弼を討つ盟約を結ぶ。そして安政7年3月3日、関鉄之介ら水戸脱藩士17名と、薩摩藩士1名が実行部隊となり、桜田門前にて井伊直弼を襲撃、首を討ち取った。その後、薩摩藩が京都にて挙兵し、朝廷を幕府軍から守る手はずになっていたため、関らは京都へ向かうが…。

「桜田門外ノ変」の解説

日本史で幕末のことを習う際には、必ず通る事件「桜田門外の変」。しかし、この事件の詳細を正確に知っている現代人は少ないのではないだろうか。本作は、そんな知られざる「桜田門外の変」の詳細を、襲撃部隊の現場を指揮した関鉄之介の視点から描いている。未曾有の国難に際し、自らの命を賭して事を起こした水戸浪士たち。無名の一藩士であった彼らがいかに真剣に国の行く末を憂えていたのかが、ひとつひとつのシーンからも伝わって来る。大沢たかお演じる関鉄之介の妻子役で長谷川京子、加藤清史郎が出演し、悲壮感漂う作品の中で華を添えている。吉村昭の同名原作を映画化した本作、監督は『男たちの大和/YAMATO』の佐藤純彌が務めている。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2010年10月16日
キャスト 監督佐藤純彌
原作吉村昭
出演大沢たかお 長谷川京子 柄本明 生瀬勝久 加藤清史郎 西村雅彦 伊武雅刀 北大路欣也
配給 東映
制作国 日本(2010)
上映時間 137分

(C)2010『桜田門外ノ変』製作委員会

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

総合評価:2.6点★★☆☆☆、6件の投稿があります。

P.N.「ヒタッチー」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2010-10-25

私は水戸の人間なので、特別な感情もあると思いますが、入り込める作品であったと思います。

最終更新日:2019-11-14 09:28:17

広告を非表示にするには