はりきり社長 作品情報

はりきりしゃちょう

森繁のワンマン社長を中心とした、東宝十八番のサラリーマン喜劇

太陽自転車社長大神田平太郎は、元シャンソン歌手千枝子と恋愛結婚した現在、販売成績向上に頭をしぼっていた。その頃、社長秘書の須山は、千枝子の世話で就職依頼に訪れた松野春江の美しさにドギマギ。春江は英語の達者な処を買われ、輸出部で働くことになる。社員を前に設備拡充を一席ブッた平太郎は大株主の大東産業社長仙石を訪ね、拡張資金の融資を依頼した。だが料亭の附合いに引っ張り出された平太郎は酒も煙草もイケぬので大迷惑。ところが同行した須山は春江が女将常子の娘と知り、加えてライバルである仙石の息子隆男の存在を知った。

「はりきり社長」の解説

「あなたも私もお年頃」の笠原良三の脚本を「怨霊佐倉大騒動」のコンビ渡辺邦男が監督、渡辺孝が撮影を担当。主な出演者は「森繁よ何処へ行く」の森繁久彌、「現代の欲望」の司葉子、「大暴れチャッチャ娘」の久慈あさみ、「恐怖の逃亡」の中田康子、「妻の心」の小林桂樹など。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督渡辺邦男
出演森繁久彌 久慈あさみ 小林桂樹
制作国 日本(1956)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「はりきり社長」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:59:10

広告を非表示にするには