春との旅 作品情報

はるとのたび

死までの人生を誰と生きるか…。日本を代表する名優と若手女優がたどる、人生を探す旅

19歳の孫娘・春と、北海道の漁村・増毛で暮らす74歳の忠男。かつて漁師だった忠男は、妻と春の母である一人娘にも先立たれ、兄弟たちとも疎遠になっていた。しかし、春が勤めていた小学校が廃校になり、春は都会へ出たいと言う。そこで、忠男は兄弟たちの家に居候するために、春とともに兄弟たちの家を訪ねて行くことにする。最初に訪れた長兄・重男は、忠男の申し出を拒んだ。実は、重男は老人ホームへの入居が決まっていた…。

「春との旅」の解説

小林政広監督が、自ら原作・脚本まで手掛けた意欲作。高齢化社会となる日本がこれから体験するであろう多くの問題を、静かに描き出している。主役の忠男を演じる仲代達矢は、小林監督の脚本を読み「(これまでの150本の出演作の内)この脚本の出来栄えは5本の指に入る」と惚れこみ、出演を決めたという。孫の人生を思いやりながらも、誰かに世話をされないと生きていけない老人の葛藤を、凄まじい迫力で演じている。孫娘・春を演じた徳永えりも、ベテラン名優たちに一歩も引けをとらず、独特の存在感を感じさせていた。忠男の兄弟を演じている大滝秀治、田中裕子、淡島千景、柄本明らが見せた個性たっぷりの演技も見逃せない。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2010年5月22日
キャスト 監督・原作・脚本小林政広
出演仲代達矢 徳永えり 大滝秀治 菅井きん 小林薫 田中裕子 淡島千景 柄本明 美保純 戸田菜穂 香川照之
配給 ティ・ジョイ、アスミック・エース
制作国 日本(2010)
上映時間 134分

(C)2010『春との旅』フィルムパートナーズ/ラテルナ/モンキータウンプロダクション

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、1件の投稿があります。

P.N.「たく」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2010-07-04

仲代達矢、渾身の一作。順撮り長回し、冒頭8分の出奔シーン、旅の最初の目的地に着くまで、台詞なし。心が既に包み込まれた。小林政広監督がフォーク歌手だった頃からの盟友、佐久間順平の音楽が素晴らしい。ポイントで何度か流れる、李政美のヴォイスは極上。

最終更新日:2019-10-17 11:55:47

広告を非表示にするには