シャネル&ストラヴィンスキー 作品情報

しゃねるあんどすとらう゛ぃんすきー

情熱と革新に燃え上がる密やかな恋

1913年のパリ。ロシア・バレエ団の革新的な《春の祭典》の初演は酷評にさらされる。作曲家イゴール・ストラヴィンスキーは打ちのめされるが、観客の一人ココ・シャネルは、その独創性に注目する。7年後、ロシア革命によって亡命したイゴールとその妻子にパリ近郊の別荘を提供したのは、デザイナーとして成功を収めたものの最愛の恋人を事故で亡くしたココだった。高い芸術性と創造力に秀でた2人は激しい恋に落ちる。

「シャネル&ストラヴィンスキー」の解説

“女の香り”を追求した斬新な香水「No.5」の誕生には、シャネルとストラヴィンスキーの秘めた恋が深く関わっていた。20世紀を代表する二人の実在の人物が共有した短くも濃密な時間を、『ドーベルマン』のヤン・クーネン監督がスタイリッシュに描いた本作は、シャネルのメゾンと後継者カール・ラガーフェルドの全面的な協力を得てシャネルの世界を贅沢に甦らせている。現在のシャネルのミューズとしても活躍する『NOVO/ノボ』のアナ・ムグラリスがヒロインに扮し、骨格の美しさと完璧な着こなしで魅了すれば、『007/カジノ・ロワイヤル』のマッツ・ミケルセンが相対する天才音楽家の苦悩を見事に体現している。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2010年1月16日
キャスト 監督ヤン・クーネン
出演マッツ・ミケルセン アナ・ムグラリス エレーナ・モロゾヴァ ナターシャ・リンディンガー グリゴリイ・マヌロフ
配給 ヘキサゴン・ピクチャーズ
制作国 フランス(2009)
上映時間 119分

(C)EUROWIDE FILM PRODUCTION

ユーザーレビュー

総合評価:2点★★☆☆☆、2件の投稿があります。

P.N.「だからNo5」さんからの投稿

評価
☆☆☆☆
投稿日
2010-02-14

別荘はとてもステキ。CHANELのコートもステキ。なんですけど…予想外な映画でわざわざ呼び出して一緒に行った母と見終わった後感想をしゃべりあうでもなく解散しました…

最終更新日:2017-01-27 15:44:11

広告を非表示にするには