TOCHKA 作品情報

とーちか

トーチカの中、そこには深い、ふかい闇がある

根室の海岸。点在するトーチカの廃墟の1つで、女はカメラを構えていた。するとそこに、1人の男が現れる。女は男に対し「研究で戦争遺跡の写真を撮っている」と自己紹介する。男はどうやら、幼い頃にこの辺りで遊んでいたことがあるようだった。やがて男は「いや、あなただとは思わなかったんです」と謎の言葉を残し、その場を去る。男の後を追った女がその言葉の真意を質すと、男はトーチカにまつわるある記憶を語り出し……。

「TOCHKA」の解説

北海道・根室市に点在するトーチカ群を舞台に展開される、濃密で重々しいドラマ。トーチカで出会った女と男が、コンクリートで外光から遮られたトーチカ内の闇に引き込まれるように、自らの心の深みへと降りていく。ほぼ男女2人の会話劇で構成され、音楽もなく、しかも映像のほとんどがワンショット。徹底的に切り詰められた雰囲気の中で、登場人物の言葉、そしてセリフすらない沈黙が鮮烈に浮き上がってくる。菅田俊、藤田陽子の淡々としつつも緊張感のある演技もいい。特に終盤の菅田の演じる長回しのシーンは圧巻だ。松村浩行監督は重く深遠なテーマを扱いながらも、どこか童話のような趣きのある作品に仕上げた。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2009年10月24日
キャスト 監督・脚本松村浩行
出演藤田陽子 菅田俊 上野龍成 上野凌雅
配給 トーチカ・ユニオン
制作国 日本(2008)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「TOCHKA」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:58:41

広告を非表示にするには