アンを探して 作品情報

あんをさがして

バラの花に込められた初恋の記憶

「赤毛のアン」で知られるカナダのプリンス・エドワード島にたったひとりでやってきた17歳の杏里。祖母・静香のネット友だち・佐藤マリが営む“ミセス・シュガーのB&B”に滞在し、島に50以上も点在する灯台を訪ねながら、急逝した最愛の祖母がノートに「私のギルバート」と綴った初恋のカナダ人兵士を探し始める。思い詰めたように黙々と行動する杏里を、マリや隣人の元哲学教授ジェフが温かく見守る。

「アンを探して」の解説

問題に直面したらひとりで抱え込まず助けを求めればいい。悲しみや喜びは分かち合うことができるのだから。別れの辛さや喪失の悲しみを味わった少女は、異国の地で人の情けに触れ、恋を知り、人生の新たな一歩を踏み出す。脈々と読み継がれるモンゴメリの名作「赤毛のアン」のエッセンスを巧みに取り込み、プリンス・エドワード島オールロケを敢行した本作で初メガホンをとったのは、カナダの映画監督クロード・ガニオンの助監督をつとめてきた宮平貴子。ガニオン夫人で、原案・製作のユリ・ヨシムラ・ガニオンと共に脚本も手がけている。主演は『The Harimaya Bridge はりまや橋』でデビューした新人・穂のか。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2009年10月31日
キャスト 監督宮平貴子
出演穂のか ロザンナ ダニエル・ピロン 紺野まひる 高部あい ジョニー・サー 吉行和子
配給 シネカノン、グランジュテ
制作国 カナダ=日本(2009)
上映時間 105分

(C)2009 Zuno Films グランジュテ

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「アンを探して」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:58:37

広告を非表示にするには