つむじ風食堂の夜 作品情報

つみじかぜしょくどうのよる

普通で、不思議で、心が温まる、大人のためのノスタルジック・ファンタジー

月舟町にある、風変わりな常連たちが集まる食堂「つむじ風食堂」。雨降りについて研究している「私」はそこでの食事中、帽子屋の桜田に「二重空間移動装置」という名の万歩計を売ってもらう。さらに古本屋のデニーロの親方からは「唐辛子千夜一夜奇譚」という本を買ったり、果物屋の青年と宇宙の果てについて考えたりする日々。そんな中、ひょんなことから女優の奈々津さんにお芝居の台本を書いてほしいと頼まれてしまい…。

「つむじ風食堂の夜」の解説

映像と音楽のコラボレーションを図るシリーズ「CineMusica」の第7弾。吉田篤弘のロングセラー小説を原作とした、大人のためのノスタルジックなファンタジーだ。つむじ風食堂に通う「私」が個性的な常連と関わりながら過ごすなんでもないような日常を、優しく、心地よく描き、その積み重ねで物語を少しずつ観客の胸に染み込ませていく。主演の八嶋智人は主張しすぎない程度の存在感を醸し出しつつ、ごく普通の男性である「私」を演じてみせた。その脇を下條アトム、月船さらら、田中要次、芹澤興人ら個性派俳優陣が固めている。監督は『山桜』の篠原哲雄。主題歌を務めるスネオヘアーも喫茶店のマスター役で登場している。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2009年11月21日
キャスト 監督篠原哲雄
原作吉田篤弘
出演八嶋智人 月船さらら 下條アトム スネオヘアー 田中要次 芹澤興人 生瀬勝久
配給 ジョリー・ロジャー
制作国 日本(2009)
上映時間 84分

(C)2009「つむじ風食堂の夜」製作委員会

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「つむじ風食堂の夜」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:58:36

広告を非表示にするには