陰獣 作品情報

いんじゅう

江戸川乱歩の名作が、妖艶に蘇る

日本の作家、大江春泥を敬愛してやまないフランスの推理小説家アレックス(ブノワ・マジメル)は、大江の作品を非常に意識した新作を発表し、日本にプロモーションにやってくる。もちろん大江にもできれば会いたいという思いを抱え来日するが、この大江という作家、世界的に有名であるのに、誰一人として姿を見たものはいないという。変わり者を通り越して、病的な感じも否めない人物のようで、会える可能性はゼロに近い。京都でプロモーションを続けるアレックスは、ある日、出版会社の接待でお茶屋へ行くことになる。そこで流暢なフランス語を話す美しい芸妓・玉緒(源利華)に出会う。彼女との出会いがアレックスの運命を大きく変えてい くことになるが…。

「陰獣」の解説

江戸川乱歩の同名傑作中編を『完全犯罪クラブ』『絶対×絶命』のバーベット・シュローダー監督が映画化。最新著書のPRのために日本を訪れたフランスの推理小説家が、「陰獣」を彷彿とさせる事件に巻き込まれていくサスペンス。主演の推理小説家にブノワ・マジメル、ヒロインの芸妓・玉緒にはフランス在住のモデル・源利華。その玉緒を寵愛する実業家・茂木役を石橋凌が演じる。映画初出演となる源利華が、石橋凌とのSMシーンや、ブノワ・マジメルとのセックスシーンで、大胆な全裸演技を披露している。(作品資料より)

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2009年8月22日
キャスト 監督・脚本バーベット・シュローダー
原作江戸川乱歩
出演ブノワ・マジメル 源利華 石橋凌 西村和彦 藤村志保 菅田俊
配給 ファインフィルムズ
制作国 フランス(2008)
上映時間 105分

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「陰獣」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:58:04

広告を非表示にするには