カフェ・ソウル 作品情報

かふぇそうる

韓国の路地で出会った小さなお菓子屋。そこには大切なモノがありました―― 日韓若手俳優主演のドラマ

フードルポライターの井坂順は韓国・ソウルでの取材中、街の片隅にひっそりたたずむ菓子店「牡丹堂」を見つける。店主・サンウの作り出す味とその人柄に惹かれた順は、取材のために店で働くことに。しかし牡丹堂は地元のヤクザから立ち退くよう脅されており、そのいざこざからサンウが怪我をしてしまう。菓子づくりができなくなり困り果てているところに、家を出ていたサンウの弟・サンヒョクが現れ……。

「カフェ・ソウル」の解説

日韓の若手俳優たちが韓国・ソウルの小さな菓子店を舞台に織りなすハートウォーミングなドラマ。自らの実家も菓子店だったフードルポライターの順とミュージシャンを目指して家を飛び出したサンヒョクの2人が、反発しながらも牡丹堂を守るために協力し合う中で、大切なものに気づいていく姿を描き出す。順を演じた斎藤工は韓国俳優陣の中で自分らしい演技を披露し、物語の軸に。もう1人の主役であるサンヒョク役のJohn-Hoonは反抗的な態度の中に優しさをにじませる家族思いな青年を、自然体で演じている。作品内に登場する韓国菓子の数々もその繊細な美しさで存在感を見せる。観賞後、大切な人とお茶とお菓子を楽しみたくなる作品だ。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2009年7月18日
キャスト 監督武正晴
出演John-Hoon 斎藤工 キム・ドンウク チェ・ソンミン チョン・スギョン キム・ウンス チャン・ソウォン ク・ボヌン 京野ことみ
配給 アールグレイフィルム、コミュニティ・アド
制作国 日本(2009)
上映時間 94分

動画配信で映画を観よう!

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「カフェ・ソウル」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2021-02-26 18:00:29

広告を非表示にするには