南極料理人 作品情報

なんきょくりょうりにん

氷点下54度の単身赴任。

海上保安庁の料理担当である西村は、南極ドームふじ基地に派遣される。ペンギンやアザラシはおろか、ウィルスさえ生存できない極寒の地では、楽しみと言えば食べることだけ。観測隊員のために西村は、時に贅沢な食材を使い、娯楽の少ない彼らをもてなしていた。日本から遠く離れた西村の心の支えは家族。しかし、ある日娘から「お父さんがいなくなってから毎日が楽しくて仕方ありません」というファクスが届き、ショックを受ける。

「南極料理人」の解説

南極隊員で料理担当であった西村淳のエッセイ「面白南極料理人」を映画化。日本から1000キロも離れた平均気温マイナス54度の土地で働く観測隊員の生活をユーモアたっぷりに描く。自分の意志に反して南極に単身赴任になった料理長・西村。しかし、テレビも外食もコンビニもない南極で、朝昼晩三食を観測隊員に作る西村は、いつしか隊員たちと家族のような心の繋がりを感じるようになっていく。ロケは北海道で行われ、セットで作られたドームふじ基地は、実際の設計者である北見工業大の教授たちにそっくりだとお墨付きをもらったとか。出演は、堺雅人、生瀬勝久、きたろう、豊原功補ほか。監督は本作が商業長編作品デビューとなる沖田修一。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2009年8月22日
キャスト 監督・脚本沖田修一
原作西村淳
主題歌ユニコーン
出演堺雅人 生瀬勝久 きたろう 高良健吾 豊原功補 西田尚美 古舘寛治 黒田大輔 小浜正寛 小出早織 宇梶剛士 嶋田久作
配給 東京テアトル
制作国 日本(2009)

(C)2009『南極料理人』製作委員会

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

総合評価:4.39点★★★★☆、18件の投稿があります。

P.N.「pinewood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2019-09-13

😊沖田修一監督の独特の間合いの在るコミカルなタッチが映画〈横道与之助〉や本篇でも見事何だなあ…。そして何処と無く哀愁の有る処はビリー・ワイルダー監督作見たいで😃

最終更新日:2019-12-10 16:13:39

広告を非表示にするには