幼獣マメシバ 作品情報

ようじゅうまめしば

35歳ニート男とマメシバの子犬が、母を訪ねて三千里

生まれた町から一歩も出ず、35歳まで実家で暮してきたニート男、二郎。仕事もせず、部屋に篭ってブログに熱中する毎日。母親が行方不明になり、父親が急死しても、生活を変えることはなかった。ある日、買い物に出かけた二郎は、赤いスカーフを首に巻いたマメシバの子犬に出会う。どうやら行方不明の母親が自分の居場所を探させるために送り込んだらしい。子犬など飼う気のない二郎は、犬の合コン=里親探しの集まりに行くことに。

「幼獣マメシバ」の解説

『イヌゴエ』、『ネコナデ』の製作スタッフによる小動物シリーズ第3弾。35歳ニート男とマメシバの子犬という一風変わったコンビの心の交流を描く。二郎という名の主人公は、行方不明の母親が送り込んだマメシバ、一郎を手放すために、里親探しを始める。しかし、犬なんて面倒くさいと言いながら、気が付いたら二郎にとって一郎はなくてはならない存在になっていた。一人っ子なのに二郎、その弟分の子犬が一郎というセンスも笑えるが、本作の魅力は、これが初主演となる佐藤二朗のオタクな演技につきる。難しい言葉を並べ、屁理屈を捏ねているが、実は気のいいキャラを独特の存在感で怪演。ドラマ出演が多かったが、今後は映画でも注目度大だ。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2009年6月13日
キャスト 監督亀井亨
原作・脚本永森裕二
出演佐藤二朗 安達祐実 渡辺哲 高橋洋 高橋直純 西田幸治 笹野高史 石野真子 藤田弓子
配給 AMGエンタテインメント
制作国 日本(2009)
上映時間 106分

(C)2009『幼獣マメシバ』製作委員会

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

総合評価:4.33点★★★★☆、3件の投稿があります。

P.N.「じろう」さんからの投稿

評価
★★★☆☆
投稿日
2012-09-16

まったりしていて、豆柴はむちゃくちゃかわいくて良かったんですが、途中ちょっと退屈しちゃいました。

最終更新日:2020-10-28 15:53:03

広告を非表示にするには