余命1ヶ月の花嫁 作品情報

よめいいっかげつのはなよめ

ずっと一緒にいたかった

仕事を通じて知り合った太郎と交際をはじめた千恵。ある朝、ごっそりと抜け落ちた髪を太郎に見られてしまい、乳がんの治療を受けていること、近々手術を受けることを打ち明け、太郎の前から姿を消す。手術を終えた千恵はかつて太郎が旅した屋久島をひとり訪れていた。そこへ太郎が追ってきて、乳房を失った傷心の千恵に変わらぬ愛を誓う。共に生きて行く決意をしたふたりだったが、千恵のがんは再発してしまう。

「余命1ヶ月の花嫁」の解説

若年性乳がんのために24歳の若さで逝った女性の実話が、ドキュメンタリー番組からノンフィクション書籍を経て劇場用映画になった。明日が来ることの奇跡と生きる喜びをメッセージとして残した長島千恵さんの志しを継いだ作品であると同時に、これは恋人たちが恋愛を全うする物語でもある。大好き、一緒にいたい。そのシンプルな気持ちが、悲しみや苦痛、さらには死の恐怖に耐える力となって行く。そんな恋愛を貫いた若い2人の姿が素晴らしい。演じたのは笑顔が魅力の榮倉奈々と、最高の恋人と呼びたいほど誠実で献身的な瑛太。恋人たちの日々を“順撮り”にこだわって活写したのは『ヴァイヴレータ』『きみの友だち』の廣木隆一監督。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2009年5月9日
キャスト 監督廣木隆一
出演榮倉奈々 瑛太 柄本明 手塚理美 安田美沙子 大杉漣 津田寛治 田口トモロヲ
配給 東宝
制作国 日本(2009)

(C)“April Bride”Project

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

総合評価:3.7点★★★☆、44件の投稿があります。

P.N.「キラキラ」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2009-07-29

友達2人と見に行きました。
結婚式のとこからめっちゃ泣き感動でした。
この映画は本当に命の大切さを教えてくれるすごい映画だと改めて感じた…。
主演の栄倉さんの演技もなかなかよかったよ。

最終更新日:2019-10-05 00:01:01

広告を非表示にするには