PLASTIC CITY プラスティック・シティ 作品情報

ぷらすてぃっくしてぃ

オダギリジョーがポルトガル語に挑戦したクライム・ムービー

ブラジルで生まれ育った日系ブラジル人のキリンは、育ての親であるユダが仕切るショッピングモールでコピー商品を販売するなど、闇稼業をしていた。それなりに安定した日々を送る二人だったが、やがてユダを失脚させようとする新興勢力による動きが起こり始める。そんなある日、ユダはコピー・マーケットの黒幕として警察に拘束される。そして、監獄に閉じ込められたユダは命を狙われ、大怪我を負ってしまうのだった…。

「PLASTIC CITY プラスティック・シティ」の解説

ヴェネチア国際映画祭グランプリ受賞作品『長江哀歌』など、ジャ・ジャンクー監督作品の撮影監督で知られ、これまでの監督作2作品が共にカンヌ国際映画祭に出品されたユー・リクウァイ監督の3作目。本作もヴェネチア国際映画祭コンペ部門正式招待作品に選ばれている。近年は国内に留まらず、アジアの個性派映画監督とのコラボが続くオダギリ ジョーが主人公キリンを演じる。オールブラジル・ロケを敢行したことでも話題の本作で、彼自身、全編をポルトガル語と中国語で演じるという新境地に挑んでいる。義父役には『インファナル・アフェア』シリーズなどのアンソニー・ウォン。人情味に溢れる彼の役どころにも注目してほしい。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2009年3月14日
キャスト 監督・脚本ユー・リクウァイ
出演オダギリジョー アンソニー・ウォン チェン・チャオロン ホァン・イー タイナ・ミュレール
配給 ビターズ・エンド
制作国 中国=香港=ブラジル=日本(2008)
年齢制限 PG-12

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「PLASTIC CITY プラスティック・シティ」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2020-10-28 15:53:03

広告を非表示にするには