ナットのスペースアドベンチャー3D 作品情報

なっとのすぺーすあどべんちゃーすりーでぃー

知恵と勇気があれば、きっと夢は叶う!

アメリカ合衆国フロリダ州ケープカナベラル。宇宙センターの発射台には、月に向かって出発のときを待つ巨大なロケットが見える。そして発射台が見える廃品置き場でも、誰かが小さなロケットを組み立てていた。ハエの子ども、ナットだ。おじいちゃんのエイモスから歴史的な大冒険の話を聞かされてきたナットは、いつもおじいちゃんのような冒険をしてみたいと夢見ていた。ある日、ナットは親友のIQとスクーターに重大な決意を伝える。「ボクは月に行く。みんなも一緒だ」もうすぐロケットが打ち上げられる。オモチャじゃない、本物のロケットだ。あのロケットにもぐりこんで、月を目指そう!ナット、IQ、スクーターの大冒険が今、始まる。

「ナットのスペースアドベンチャー3D」の解説

1969年、アポロ11号に乗った宇宙飛行士が初めて月面に第一歩をしるした。でも、そこにいたのは人間だけでなく…。本作を制作したNWAVE PICTURESは、3Dデジタル映像専門の制作会社。既存の2Dを3Dに変換したものではなく、全編を通して3Dでの上映を目的として作られた初のCGアニメーション映画。主人公ナットの吹替えを、堀北真希が担当している。(作品資料より)

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2009年3月28日
キャスト 監督ベン・スタッセン
声の出演堀北真希
配給 ティジョイ、さらい
制作国 ベルギー(2008)
上映時間 85分

(c)nWave Pictures

ユーザーレビュー

総合評価:4.5点★★★★☆、2件の投稿があります。

P.N.「マグリット」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2009-04-03

3Dって凄いね。まるで映画の中に入ってるみたいだったよ。堀北真希の声優もなかなか上手くて違和感ないしねー。ふつーの映画に飽きた人は試してみてー

最終更新日:2017-01-27 15:44:36

広告を非表示にするには