赤い糸 作品情報

あかいいと

「恋空」と並ぶ伝説のケータイ小説、ついに映像化!

中学2年生の春、芽衣の初めての恋は失恋で終わった…。そんなとき、芽衣は静かな優しさを持つアツシと出会う。2人の誕生日は同じ“1992年2月29日”。しかも幼い時にすでに出会っていたことを知り、運命的なつながりを感じた2人は、次第に惹かれあっていく。「運命って信じる?」「信じるよ」芽衣は、この恋がずっと続くと信じていた。しかし、2人の間に隠された悲しい“過去”を知ったアツシは、芽衣の前から突然去ってしまう。どん底に突き落とされた芽衣に、次々と降りかかる衝撃的な出来事。大切な人の死、ドラッグ、DV…。絡みあう赤い糸に導かれ、芽衣は運命の相手と結ばれるのだろうか…?

「赤い糸」の解説

自分の想う人が本当に運命の人なのか、迷い傷つきながらも前向きに恋をする主人公・芽衣と、言葉数は少ないが、さりげない優しさをもつアツシのピュアで切ないラブストーリー。中高生の圧倒的支持を受け、“伝説のケータイ”小説と呼ばれている同名作が、遂に映像化。主人公のラブストーリーを主軸に、現代の中高生たちの青春群像劇が描かれる。同じキャスト、スタッフで、映画とテレビドラマが完全連動しており、同時期に公開、放送され、映画ならではのダイナミックなシーン、ドラマならではの丁寧なエピソードを織り込み、互いに絡ませながら、同じ時の流れを別角度から構築していく。映画、ドラマそれぞれに完成されたストーリーとなっていながら、両方見ることにより、さらに深みのある幅広い群像ドラマを楽しむことができる。(作品資料より)

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2008年12月20日
キャスト 監督村上正典
原作メイ
出演南沢奈央 溝端淳平 木村了 岡本玲 石橋杏奈 桜庭ななみ 柳下大 鈴木かすみ 田島亮 岩田さゆり 矢崎広 鈴木浩介 松田賢二
配給 松竹
制作国 日本(2008)

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

総合評価:2.89点★★☆☆☆、35件の投稿があります。

P.N.「かな」さんからの投稿

評価
☆☆☆☆
投稿日
2009-10-23

すごいよかったと思う。でも,原作と全く違うじゃん!ダメだドラマの方が詳しくていい。なんのために映画をやったの?教えてほしい


レビューを投稿する

「赤い糸」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2019-03-23 13:15:45

広告を非表示にするには