相棒シリーズ 鑑識・米沢守の事件簿 作品情報

あいぼうしりーずかんしきよねざわまもるのじけんぼ

「相棒」シリーズ初のスピンオフ映画! 鑑識課・米沢が自殺事件の裏に広がる闇に迫る

相棒シリーズ 鑑識・米沢守の事件簿のイメージ画像1

東京ビッグシティマラソンでの無差別爆破テロ捜査の最中、鑑識課の米沢守は蒸発した元妻・知子の姿を発見。なんとか彼女の住む部屋をつきとめるが、その翌日、知子は自殺死体となって見つかった。実はよく調べてみるとその女は元妻に瓜二つの同名の別人。ほっとする米沢だったが、証拠不十分のまま自殺として処理されることに疑問を持った。そこで死んだ知子の元夫の刑事・相原と共に極秘の捜査を開始し……。

「相棒シリーズ 鑑識・米沢守の事件簿」の解説

大人気刑事ドラマであり劇場版も大ヒットとなった「相棒」から、シリーズ初となるスピンオフムービーが誕生。主人公は、ドラマでも度々登場しては杉下と亀山の特命係を助けてきた、鑑識課の米沢守。特命係の2人に次ぐ人気を誇る彼が、熱血漢の所轄刑事・相原と共にとある女性の自殺事件の真相を暴いていく。米沢の謎に包まれた私生活が明らかになるのは、ファンにとっては嬉しいところ。また冷静かつどこか飄々とした米沢と猪突猛進タイプの相原のコンビネーションの良さは、まさに“相棒”といった感じだ。本家に負けない、楽しく、ちょっと考えさせられるサスペンス作品に仕上がっている。原作は長谷部安春監督の実子、ハセベバクシンオー。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2009年3月28日
キャスト 監督長谷部安春
原作ハセベバクシンオー
出演六角精児 萩原聖人 市川染五郎 紺野まひる 片桐はいり 伊武雅刀
配給 東映
制作国 日本(2009)

(C)2009 「相棒シリーズ 鑑識・米沢守の事件簿」 パートナーズ

ユーザーレビュー

総合評価:4点★★★★、8件の投稿があります。

P.N.「泣ける映画大好き」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2009-05-07

面白かったです♪警備をかい潜って夜のビルに忍び込んだり、24時間監視体制の自宅待機中に、監視を欺いて出掛けたりと、有り得ない出来事もありましたが、犯人はなかなかわからなかったし、天下り問題や税金の無駄遣いなどについて疑問を投げ掛けていたりして良かったです。そして、ラストの日記の内容に感動しました!


レビューを投稿する

「相棒シリーズ 鑑識・米沢守の事件簿」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2019-03-19 18:12:31

広告を非表示にするには