希望の乙女 作品情報

きぼうのおとめ

美空ひばりの芸能生活10周年記念映画

牧場のお嬢さんである少女さゆりは、幼い時からの夢が実現して、父母代りの兼六叔父さんに許され、牧夫の一郎、二郎、三郎、四郎等に送られて、歌手となるため東京に出た。連絡船の中でクラリネットをもった青年相良丈二に会って好意を抱きながら、心ならずも意地っぱりな態度に出てしまった彼女は、上京してまず作曲家月村浩一を訪ねる。落胆した老ピアニスト月村に尊敬の念と愛情を抱きながら、さゆりは近所の商店街の若者達--弁さんやピー公や信夫、“ペットの透”こと佐野透たちを仲間に、街の楽団アケボノ楽団を結成した。貧しいけれど楽しい日々が過ぎるが、時々会っては口喧嘩してしまう丈二のことだけが、さゆりの心がかりだった…。

「希望の乙女」の解説

加藤喜美枝の原案を、「ろまん化粧」の笠原良三と笠原和夫が脚色し、「ひばりの花形探偵合戦」のコンビ佐々木康が監督、西川庄衛が撮影した。「ひばりの花形探偵合戦」の美空ひばり・高倉健、さらに山村聡・江原真二郎・柳家金語楼・山東昭子の他、ひばりの実弟小野透が出演。また江利チエミ・雪村いづみが特別出演している。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督佐々木康
出演美空ひばり 高倉健 小野透 山村聡
制作国 日本(1958)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「希望の乙女」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2017-01-17 00:01:56

広告を非表示にするには