ラストゲーム 最後の早慶戦 作品情報

らすとげーむさいごのそうけいせん

禁じられた野球にすべてを捧げた男たちの感動実話

昭和18年。戦争が激化する中、練習に励む早稲田大学野球部の若者たち。六大学野球はすでに解散が決定しており、来るべき学徒出陣に備えるように圧力がかけられていた。そんな中、顧問の飛田のもと選手たちは、出陣のその日まで野球を続けると誓っていた。部員の戸田は父親から厳しく詰られながらも、兵隊に志願した兄の言葉を胸に、合宿生活を続けていた。そんなある日、慶應の小泉が飛田のもとに早慶戦を申し込みにやってくる…。

「ラストゲーム 最後の早慶戦」の解説

太平洋戦争のさ中、野球は敵国アメリカの国技だという理由で六大学野球は解散を余儀なくされる。そして、学業優先で徴兵を猶予されていた学生たちも戦争に駆り出される、学徒出陣はすぐそこに控えていた―。そんな時、戦場に赴く前の最後の願いとして行われた“出陣学徒壮行早慶戦”の、実現までの紆余曲折が描かれる。やがて死地へ向かう選手たちが、試合中、悦びに満ちた表情を見せるたび、哀しさが胸を突く。試合後の両校応援団によるエール合戦には涙を禁じえないだろう。本作が凡百の青春映画ではないポイントの一つとして、選手たちを見つめる顧問・飛田の真摯な描き方が挙げられる。演じる柄本明の“熱さ”は大きな見どころだ。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2008年8月23日
キャスト 監督神山征二郎
出演渡辺大 柄本明 石坂浩二 藤田まこと 富司純子 柄本佑 原田佳奈
配給 シネカノン
制作国 日本(2008)

(C)2008「ラストゲーム 最後の早慶戦」製作委員会

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、2件の投稿があります。

P.N.「高3→大1」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2008-10-01

渡辺大さんは、こういった映画の出演が結構多いですが、そろそろハマり役になってきましたね。戦争の悲惨さ、もう野球はできないという切なさを見事に演じきれてました。ストーリーも涙無しには観られませんでした。戦争を知らない世代の人たちに是非お勧めしたい映画です。

最終更新日:2019-11-14 09:28:17

広告を非表示にするには