ジャージの二人 作品情報

じゃーじのふたり

ジャージが似合う二人の、何もしない夏休み

ある夏の日、仕事を辞めた息子・32歳は、グラビアカメラマンをしている父親・54歳に誘われて、山里の別荘にやってきた。お互い日常生活に問題を抱えていて、ちょっと現実逃避のつもりの二人は、亡き祖母が集めていた古着のジャージを着て、のんびりと過ごそうと腹を決める。とは言ってみても、息子は携帯電話の電波が気になったり、父親はファミコンで遊んだり…。いい歳した大人二人の、ちょっとモラトリアムな夏休みが始まった。

「ジャージの二人」の解説

芥川賞、大江賞作家の長嶋有の原作を、『アヒルと鴨のコインロッカー』『チーム・バチスタの栄光』で波に乗る俊英・中村義洋監督の手により映画化した本作。最近、ドラマ、映画の出演が増えている注目俳優・堺雅人と、今年結成30周年を迎えるロックバンド「シーナ&ロケッツ」の鮎川誠という異色のコンビが、“色鮮やかな”ジャージを着こなしている。思わずクスリと笑ってしまう佇まい、言葉は少ないけどなんだか滑稽な会話、そして森の中を流れる、ゆったりとした空気…。そんなユルさを楽しめるのが本作の魅力だ。「いい歳した男が~」という言葉をグッとこらえて、最後にはこの二人がなんだか愛おしく思えてくるから不思議だ。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2008年7月19日
キャスト 監督・脚本中村義洋
原作長嶋有
出演堺雅人 鮎川誠 水野美紀 大楠道代 田中あさみ
配給 ザナドゥー
制作国 日本(2008)
上映時間 93分

(C)2008『ジャージの二人』製作委員会

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、2件の投稿があります。

P.N.「高3→大1」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2008-08-07

堺さん最高!実の親子を思わせるユーモアと臨場感が良いですね。(^-^)

最終更新日:2017-01-27 15:44:50

広告を非表示にするには