ミラクル7号 作品情報

みらくるななごう

ゴミ捨て場で拾ったオモチャは宇宙生物?! チャウ・シンチーがおくる、笑って泣けるSFコメディ

父ティーと2人で超ビンボー暮らしをする小学生のディッキーは、ガキ大将のジョニーの持つ最新ロボットペットを見て、自分もほしいとティーにねだる。しかしティーがくれたのはゴミ捨て場で拾ったゴムボールのようなものだった。が、実はそれはUFOが置いていった物体で、ふとした拍子にスイッチが入り、4本足のかわいい生物に変身。ディッキーは「ナナちゃん」と名付け、その生物の未知のパワーに期待を寄せていくが……。

「ミラクル7号」の解説

『少林サッカー』『カンフーハッスル』で一躍香港を代表するエンターテイメントプレゼンターとなったチャウ・シンチー。彼が新たに挑戦するのは、笑って泣けるSFコメディドラマだ。超ビンボーな小学生ディッキーと、彼の元にやってきた謎の宇宙生物「ミラクル7号」が巻き起こすドタバタを描きながら、親子の絆などを感動的に映し出していく。なんといっても目を引くのは、宇宙生物ナナちゃんのかわいらしさ。チワワのような愛くるしいナナちゃんの潤んだ瞳を見ると、思わず胸がキュンとしてしまうはずだ。主人公の少年を演じるシュー・チャオは、実は女の子。だが父親想いのディッキーをこちらも愛くるしい笑顔とともに演じきってみせた。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2008年6月28日
キャスト 監督・脚本・製作チャウ・シンチー
出演シュー・チャオ キティ・チャン リー・ションチン フォン・ミンハン ホアン・レイ ヤオ・ウェンシュエ ハン・ヨンホア ラム・ジーチョン
配給 ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
制作国 香港(2008)
上映時間 88分

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、4件の投稿があります。

P.N.「えりぃ」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2008-07-17

チャウ.シンチーのお得意の脱力ギャグも全くイヤミがなく、CGにもイヤミがない。飽きる場面がどこにもなく、かつ笑いアリ、泣かせるところアリ、親子愛の美しさをすごく上手く捉えた映画でした。DVDが出たら買ってでも観たい作品だと思いました。

最終更新日:2019-10-24 09:19:46

広告を非表示にするには