ファクトリー・ガール 作品情報

ふぁくとりーがーる

60年代のNYで、A・ウォーホールのミューズとして時代のイコンとなったイーディ。その一瞬の輝きを描く

資産家で名門の出のイーディは、パーティでアンディ・ウォーホールと出会う。ポップ・アートの分野ですでに成功を収め、名声を得ていた彼だが、イーディにたちまち魅力を感じ、実験映画に出演させる。マスコミはウォーホールといつもいるイーディに注目し、彼女をセレブ扱いするが、イーディは精神不安定からドラッグとパーティに明け暮れるようになる。そんな彼女は、ボブ・ディランと出会った事で新たな感情が芽生え…。

「ファクトリー・ガール」の解説

1965年、ウォーホールはイーディを自分の実験映画に主演させるだけでなく、公の場に彼女を伴っていた。イーディは、たちまち「時の人」になる。同じ頃、やはりニューヨークで活動を続け、ブレイク中のボブ・ディランもイーディに出会い、恋に落ちた。時代が選んだ二人のカリスマに愛されたイーディだが、それは長くは続かなかった。本作は当時のサブカル・シーンを再現し、それに翻弄されたひとりの女性を描いている。彼ら二人はちょうどひとつの創造のピーク期にあり、イーディはたまたまその場に居合わせた幸運な女性だったのかもしれない。しかし彼女の精神的な弱さが、自滅へと向かわせる。そう思うと、どちらが幸せだったのか…。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2008年4月19日
キャスト 監督ジョージ・ヒッケンルーパー
出演シエナ・ミラー ガイ・ピアース ヘイデン・クリステンセン ジミー・ファロン ショーン・ハトシー
配給 ファントム・フィルム
制作国 アメリカ(2006)
年齢制限 R-15
上映時間 91分

(C)2006 Factory Girl,LLC

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「ファクトリー・ガール」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:54:18

広告を非表示にするには