実録阿部定 作品情報

じつろくあべさだ

昭和11年5月18日に起った“阿部定事件”を、男を想う中年女の哀しい女の性の立場から描く

東京・荒川の尾久の待合「満左喜」に居続けている中年男女の客があった。男は中野・新井の料理屋「吉田屋」主人・石田吉蔵で、連れの女はその店の女中・阿部定であった。二人が知り合ったのは、一カ月前、定が吉蔵の店で働くようになってからで、間もなく互いに惹かれ合い、関係を持つようになった。“床上手”の二人の仲は次第に深くなっていき、やがて、吉蔵の女房に知られてしまった。ある日、二人は、しめし合せて店を出ると、待合や旅館を転々として、「満左喜」へやってきたのだった。

「実録阿部定」の解説

脚本は「十代の性典'75」のいど・あきお、監督は田中登、撮影は「実録・元祖マナ板ショー」の森勝がそれぞれ担当。 (キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督田中登
出演宮下順子 江角英明 坂本長利
制作国 日本(1975)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「実録阿部定」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2021-05-07 09:46:54

広告を非表示にするには