劇場版 空の境界 ~第一章 俯瞰風景~ 作品情報

からのきょうかいだいいっしょうふかんふうけい

落下する少女の夢、俯瞰を断つ直死の眼

その夏の終わりは、少女たちの飛び降り自殺が相次いだ。突発的に廃墟と化したビルの屋上から空へと踊る。そして落下、待っているのは死。一切の関連性と自殺の理由を見出せぬまま、不可解な自殺事件として報道されるなか、唯一、その関連を見出したものがいた。最高位の人形師で魔法使いになれなかった魔術師の蒼崎橙子である。むしろ「理由がない」ことが共通点だと。そして、浮遊と飛行の差異。この連続自殺事件の捜索に乗り出したのは、万物の生の綻びこと死線を視る力“直死の魔眼”を持つ両儀式。望まぬまま得た力により、虚空に舞う少女たちの幽霊をその瞳に捕らえる式は果たして何を思うのか。思いを胸に、式は痛ましい現場となったビルへと向かう。それが、幾重にも張り巡らされた罠への序章にすぎないことも知らずに…。

「劇場版 空の境界 ~第一章 俯瞰風景~」の解説

これは、望まぬままに万物の生の綻び―死線を視る力“直死の魔眼”を得た独りの少女・両儀式の物語。物語を綴るのは、ビジュアルゲームとして爆発的な人気を博しTVアニメ化もされた「月姫」「Fate/stay night」の生みの親、TYPE-MOONのストーリーテラー・奈須きのこ。両作品と世界観を共にするこの小説は、1998年秋、パートナーでもあり原画も手掛ける武内崇との同人サークル「竹箒」HP上にてWeb小説「空の境界線」として掲載。同人小説「空の境界」、ドラマCD化を経て、2004年初夏には講談社ノベルスから一般書籍として出版、各書籍ランキング上位を記録している。そして、2007年。七章からなる物語は、作品世界そのままに前代未聞の“七部連作映画”へと進化を遂げる。(作品資料より)

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2007年12月1日
キャスト 監督あおきえい
原作奈須きのこ
キャラクター原案武内崇
脚本平松正樹
声の出演坂本真綾 鈴村健一 本田貴子 藤村歩 田中理恵
配給 アニプレックス
制作国 日本(2006)

(C)奈須きのこ/講談社・アニプレックス・ノーツ・ufotable

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、2件の投稿があります。

P.N.「月姫」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2008-05-07

面白かった!型月ファンとしては必見の映画です!声優さんの人選と演技も最良でした!奈須きのこさんの作品は独特で尚且つ異様な感じで、引き込ませる他の映画やアニメではまず観られない異色な魅力があります。7章全てが映画化されるとのことですが、自分としては3章ぐらいにまとめてやった方がいいのではと思います。7章観るのはちょっとじれったいと思うので。血が駄目な人にはお勧め出来ません。

最終更新日:2019-10-11 10:26:12

広告を非表示にするには