俺の血が騒ぐ 作品情報

おれのちがさわぐ

山崎徳次郎が監督した、赤木圭一郎主演の海洋活劇

長をしていた父を、何者かに殺されて以来、笠原邦夫、明の兄弟の上には大きな変化がおこった。兄の邦夫は復しゅうの鬼と化し、そんな邦夫についてゆけなくなった許婚の節子は、心のよりどころを弟の明に求め愛し合うようになってしまったのだ。だが、明は悩みにたえかねて、その苦悩は彼を荒んだ生活に追いやっていった。商船大学の卒業を目前にひかえたそんな明を、自分のなし得なかった立派な高級船員への夢をたくしている邦夫は心配するのだった。ある夜、邦夫がバー“エルム”で、やっと見つけ出した明を諭しているとき、居合せたヤクザに因縁をつけられ…。

「俺の血が騒ぐ」の解説

池田一朗・長谷部安春・加藤新二の共同脚本を、「大暴れ風来坊」の山崎徳次郎が監督した、赤木圭一郎の海洋活劇。撮影は「闇を裂く口笛」の姫田真佐久。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督山崎徳次郎
出演赤木圭一郎 沢本忠雄 小沢栄太郎 広岡三栄子 笹森礼子
制作国 日本(1961)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「俺の血が騒ぐ」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:52:29

広告を非表示にするには