ITバブルと寝た女たち 作品情報

あいてぃーばぶるとねたおんなたち

ITバブル崩壊がもたらした残酷な結末とは…

女優を夢見て田舎から上京したきた碧。狭いアパートを借り、日々稽古に明け暮れていた。ある日、碧は劇団仲間の麻美に合コンに誘われる。そこは若い起業家やいわゆる御曹司たちの出合いのパーティのようなものだった。碧は、偶然にも新興ITベンチャーのオーナー社長・小田島と知り合う。やがて碧はネット配信ムービーの小さな役を得るが、なかなかセリフが覚えられず、演技もままならなかった。そんな時、小田島が現場に現れた…。

「ITバブルと寝た女たち」の解説

異色女流作家・家田荘子の「バブルと寝た女たち」を基に映画化。ITバブルという虚像の世界に翻弄された二人の若い男女の純愛と悲劇を描く。主人公の碧を演じるのはグラビアアイドルとして注目され、最近では女優として活躍が目覚ましい三津谷葉子。ITバブルに弄ばれる純な女の子を熱演。本作では大胆なベッドシーンを体当たりで演じている。若きIT社長の小田島には「百獣戦隊ガオレンジャー」でブレイクした金子昇が演じている。碧の劇団仲間、麻美に『ラブホテルズ』で大胆なヌードを披露した三浦敦子。ほか、喜多嶋舞、中島宏海といったベテラン女優陣が脇を固めている。監督をデビュー作『インデアンサマー』で注目を集めた佐藤太が務めた。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2007年6月9日
キャスト 監督佐藤太
原作・出演家田荘子
出演三津谷葉子 金子昇 三浦敦子 喜多嶋舞 中島宏海 七世一樹
配給 アートポート
制作国 日本(2007)
年齢制限 R-15

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「ITバブルと寝た女たち」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:52:01

広告を非表示にするには