続・与太郎戦記 作品情報

ぞくよたろうせんき

春風亭柳昇が書いた同名小説を元に映画化した喜劇シリーズ

鬼婦長に惚れられて進退きわまった秋本与太郎が野戦病院から逃げ帰ったのは、懐しの中隊だった。だが同僚との再会も束の間、今度はわけも分らぬまま憲兵隊に引っぱられ、スパイ訓練生として陸軍中野学校へ入学させられてしまった。やがて、お国のために猛特訓が始まった。しかし、間抜けな与太郎にそれは勤まる仕事ではなかった。そんな彼が、召集されたのも、特技欄に書いた「落語」が「露語」と誤読されたためだった。度重なる失敗は、やがて彼をもとの部隊に戻した。しかし、一難去ってまた一難、与太郎が頭を抱える事件が…。

「続・与太郎戦記」の解説

春風亭柳昇の原作(立風書房版)を「与太郎戦記」の舟橋和郎が脚色、「ある見習看護婦の記録 赤い制服」の臼坂礼次郎が監督した喜劇。撮影は「あゝ海軍」の上原明が担当した。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督臼坂礼次郎
出演フランキー堺 伴淳三郎 若水ヤエ子 長谷川待子 南美川洋子
制作国 日本(1969)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「続・与太郎戦記」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:51:56

広告を非表示にするには