机のなかみ 作品情報

つくえのなかみ

あべちゃん、映画に初出演!妄想と下心が交差する、2段重ねのラブストーリー

何をやっても中途半端なフリーター・馬場は、受験を控えた女子高生、望の家庭教師をすることになった。目指す大学は、望にはハイレベル。しかし、望の愛らしさに一目惚れした馬場は、自分が教えれば必ず合格出来ると言い、下心丸出しの個人授業を始める。望の成績が上がっていくと、馬場は図書館に行こうと嘘をついて、遊びに連れ出したりして望の気を引こうとする。しかし、望は大学に落ちてしまった。勉強部屋で泣き出す望。何かを勘違いをした馬場は、望の服を脱がせ始める。そこへ、父親が入って来た…。

「机のなかみ」の解説

お笑い芸人、あべこうじが、映画に挑戦。“あべちゃん”の芸風にぴったりの、口は達者だけど中身のないフリーターという役どころだ。あべこうじ扮する馬場が家庭教師になるのだが、家族はどこか訳ありげ。何度も勉強部屋に入って来る父親も怪しい匂いがするのだが、女子高生に夢中な馬場は目に入らない。妄想男のエロ映画かと思いきや、彼女が受験に失敗し、泣き崩れた後から、全ての種明かしが始まる。馬場目線で進む前半から、後半の望目線に変わり、急遽、切ないラブストーリーに路線変更し、ラストシーンでは感動までさせられる。タイトルの「机の中身」が示す2段重ねのストーリー構成が絶品。望役は『水霊 ミズチ』の鈴木美生。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2007年4月21日
キャスト 監督・脚本吉田恵輔
出演あべこうじ 鈴木美生 坂本爽 清浦夏実 踊子あり 内藤トモヤ
配給 アムモ
制作国 日本(2006)
年齢制限 PG-12
上映時間 104分

(C)2006 NIPPAN/AMUMO

動画配信で映画を観よう!

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「机のなかみ」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2021-04-30 14:22:30

広告を非表示にするには