あるいは裏切りという名の犬 作品情報

あるいはうらぎりというなのいぬ

かつて親友だった。同じ女を愛した。今はただ敵と呼ぶのか…。

フランス、オルフェーブル河岸36番地にあるパリ警視庁に、二人の警視がいた。一人は仲間からの信頼厚く、正義を信じるレオ・ヴリングス。もう一人は権力志向の強い野心家のドニ・クラン。親友だった二人は、同じ女性を愛し奪い合った過去を持ち、今は次期長官の座を競うライバルとなっていた。市内で多発する現金輸送車強奪事件を巡り、交錯する男たちの思惑。ドニの裏切りで、レオはすべてを奪われ投獄される。7年後、再会した二人の運命はどこへ向かうのか…。

「あるいは裏切りという名の犬」の解説

本作は、かつてフランスのお家芸だった犯罪ノワール映画を現代に誕生させたわけではなく、新たな趣向を加え、若い観客にも訴えかける一級のミステリー映画となっている。実際に警察官として働いた経歴を持つオリヴィエ・マルシャル監督が、その当時の事件や実在の人物に基づき映画化。その企画にダニエル・オートゥイユ、ジェラール・ドパルデューほかフランスを代表するスターたちが賛同し、豪華オールスター映画として完成した。ストーリーの面白さに注目したハリウッドが早くもリメイク権を獲得。緊張感溢れる息もつかせぬサスペンス。心に深く刻まれる“本物の男たち”による“本物の感動”。フランスで誕生した新たなる傑作が、遂に日本上陸!(作品資料より)

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2006年12月16日
キャスト 監督オリヴィエ・マルシャル
出演ダニエル・オートゥイユ ジェラール・ドパルデュー アンドレ・デュソリエ
配給 アスミック・エース エンタテインメント
制作国 フランス(2004)
上映時間 110分

ユーザーレビュー

総合評価:4点★★★★、1件の投稿があります。

P.N.「岸辺露伴」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2007-01-11

二人の名優の鼻はどちらもいびつであった! しかも成長した娘まで!

最終更新日:2017-01-27 15:45:03

広告を非表示にするには