red letters 作品情報

れっどれたーず

記憶を失った男と過去を捨てきれない男のすれ違う想い

拉致、監禁、殺人、施設、虐待、廃墟、手紙、そして、絆。記憶を失った松本は、理由も告げぬまま、2人の女を誘拐し、廃墟のビルに引きこもる。そこへ、女たちを奪い返すためにやってくる掛橋と2人の部下。掛橋は殺人を生業とし、松本はそんな掛橋に復讐を試みているのだった‥‥。松本が女たちを拉致したほんとうの目的は?過去を捨て切れない彼らのすれ違う想いとは? 時を越え、対峙する2人に、いったい、どんな過酷な運命が待ち受けているというのだろうか…

「red letters」の解説

映画『VERSUS』で注目され、『仮面ライダー響鬼』でブレークした松田賢二と、映画・テレビ・舞台とジャンルを問わず活躍する筧利夫(『踊る大捜査線』シリーズ)が共演。さらに、映画『カナリア』の主演女優・谷村美月が拉致された娘役を演じている。作品中にタイトルの示す“赤い手紙”は映像として出てくることはない。これは、時の流れから忘れ去られた廃墟の中で、過去を失った男と、過去を忘れられずいる男が出会った、エモーショナルスリラーである。(作品資料より)

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2006年9月23日
キャスト 監督千葉誠治
出演松田賢二 筧利夫 谷村美月
配給 フロントメンエンターテインメント
制作国 日本(2006)
年齢制限 PG-12

(C)「red letters」製作委員会

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「red letters」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:50:35

広告を非表示にするには