ヅラ刑事 作品情報

づらでか

ヅラを武器にした刑事が大活躍?!全てのカツラの人におくる応援歌

カツラをブーメランのように投げ飛ばす必殺技“モト・ヅラッガー”を持つ刑事・源田初男は、新たに花曲署に着任した。“デカチン”“チビ”“デブ”“イケメン”ら個性の強い面々に迎えられた彼は“ヅラ”刑事として活躍、キャバクラでの拳銃発砲事件も見事に解決してみせ、同僚からも一目置かれる存在となる。その頃、原子力発電所の核燃料が盗まれる事件が発生。花曲署の面々はこの捜査へと向かうが…。

「ヅラ刑事」の解説

いわく「構想10年以上」の末に映画化された今作は、河崎実監督初となる“人間が主演”の映画。しかし主役が人間になったところで、河崎作品のテイストが失われるわけではもちろんない。カツラを投げて敵を倒す“ヅラ刑事”や、巨根を武器にする“デカチン”など、アクの強い刑事たちが繰り広げるドタバタは次々と爆笑を誘ってくれる。しかも単に爆笑できるだけではなく、カツラゆえの悲哀なども微妙に織り交ぜてあるあたりが心憎い。確かにカツラは負のイメージの強い。しかしこの作品カツラをネタにしつつも「負のイメージも笑い飛ばしてしまおう!」という心意気が感じられる。そう、『ヅラ刑事』はカツラの人におくられた応援歌なのだ。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2006年9月16日
キャスト 原作・脚本・監督河崎実
出演モト冬樹 イジリー岡田 ウガンダ・トラ なべやかん 浜田道彦 桐島優介 橋本まい ドクター中松 中野英雄
配給 トルネード・フィルム
制作国 日本(2006)
上映時間 80分

(C)2006「ヅラ刑事」製作委員会

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「ヅラ刑事」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:50:26

広告を非表示にするには