16ブロック 作品情報

しっくすてぃーんぶろっく

わずか16ブロック先への護送が、命がけの逃亡劇に。ブルース・ウィリスの新たな魅力が輝く

16ブロックのイメージ画像1

夜勤明けで署に戻った刑事ジャック・モーズリーは、上司に簡単な任務を課せられた。それはわずか16ブロック先の裁判所まで囚人エディ・バンカーを護送するというもの。嫌々任務を引き受けたジャックはエディを車に乗せて護送を始めたものの、渋滞やうるさいエディに嫌気がさし、エディを車に残したまま酒を買いに行ってしまう。だがジャックが車に戻ってくると、そこにはエディに向けて銃を構える男がいて……。

「16ブロック」の解説

脂肪で突き出た腹、どこか見苦しい口ひげ、ずるずると引きずる足……。主人公ジャック・モーズリーを演じるブルース・ウィリスには、かつて「ダイ・ハード」シリーズで見せたような精悍さやワイルドさはかけらもない。そんな彼が警察の汚職にまつわる事件に巻き込まれていく姿を描いたのがこの作品。老いたかつての敏腕刑事が1人の囚人を護る様子を、ときに激しい銃撃戦、ときに絶妙な間の会話を用いて映し出していく。その中でブルース・ウィリスは、くたびれた中年刑事から渋くて正義感の強い男へと変化。アクションヒーローとはまた違った輝きを見せてくれるようになる。新たなブルース・ウィリスの魅力を発見できるドラマだ。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2006年10月14日
キャスト 監督リチャード・ドナー
出演ブルース・ウィリス モス・デフ デビッド・モース ジェナ・スターン
配給 ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
制作国 アメリカ(2006)

[Amazonで購入]

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

総合評価:3点★★★☆☆、1件の投稿があります。

P.N.「みえピット」さんからの投稿

評価
★★★☆☆
投稿日
2006-10-20

特に見たい訳ではなく、妹が見たいと言うので付いて行った感じ。しかしどうだろう、カーアクションもなかなか見応えあるし、最初ブルースウィルスがただのおじさんに見えたのに…ラストではさすがと思ってしまった。

最終更新日:2019-10-20 13:22:24

広告を非表示にするには