おいしい殺し方 A Delicious Way to Kill 作品情報

おいしいころしかたげきじょうばんあでりしゃすうぇいとぅきる

演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチが仕掛ける、“おいしい”事件!?

小学校の教師、ユカは極度の料理下手が原因で恋人にフラれる日々。ある日、新しい恋人から「おいしい手料理が食べたい」とせがまれたユカは人気料理研究家、東大寺ハルキが講師を務める料理学校にしぶしぶ通いはじめる。だが、2回目の授業の日、東大寺は姿を現さず行方不明になってしまう。同じ料理学校に通う白石カナエが東大寺と同じマンションに住む友人の山内キヨミに様子を見てもらおうとした矢先、東大寺がマンションから投身自殺!彼の死に驚きを隠せないユカは、カナエやキヨミとともに事件の真相を探るため、捜査を行っていくが、事件はハチャメチャにして思いもよらぬ展開に…!!

「おいしい殺し方 A Delicious Way to Kill」の解説

劇団「ナイロン100℃」の主宰者であり、小劇場系演劇界で確固たる人気を誇るケラリーノ・サンドロヴィッチが脚本・演出を手がけるコメディーサスペンス『おいしい殺し方 A Delicious Way to Kill』。本作でコメディエンヌとして新境地を開拓した奥菜恵、また犬山イヌコ、池谷のぶえを始めとする実力派舞台俳優が、ケラリーノ・サンドロヴィッチの元に集結!舞台さながらのスピード感、テンポ感あふれる作品に仕上がった。演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチが仕掛ける「おいしい事件!?」女3人“トンデモ素人探偵”が織りなす、脱力系サスペンス・コメディ!はたして、事件の真相やいかに!?(作品資料より)

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2006年8月26日
キャスト 監督ケラリーノ・サンドロヴィッチ 波多野健
出演奥菜恵 犬山イヌコ 池谷のぶえ
配給 ギャガ・コミュニケーションズ
制作国 日本(2006)
上映時間 106分

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「おいしい殺し方 A Delicious Way to Kill」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:50:21

広告を非表示にするには