海底軍艦 作品情報

かいていぐんかん

『マタンゴ』の本多猪四郎が監督した特撮もの。

広告写真家旗中と助手の西部がモデルと狙っている美人がいた。光国海運専務楠見の秘書で神宮司真琴だ。或る夜、旗中が楠見と真琴の車をつけていた時、不思議な事が起った。楠見と真琴がムウ帝国工作隊員と名乗る男に、誘拐されようとしたのだ。旗中の活躍で奇怪な男は海に消えていった。ムウ帝国とは、約一万二千年前、太平洋の真中で繁栄を誇った大陸だが、それが一夜にして大地震のため海底に沈んだと言われていた。楠見専務は元日本海軍技術少将、そして真琴は敗戦の夜、行方不明となった潜水艦長神宮司大佐の忘れ形見だという。この事件の裏には何かありそうだった。

「海底軍艦」の解説

押川春浪の「海底軍艦」より『のら犬作戦』の関沢新一が脚色、『マタンゴ』の本多猪四郎が監督した特撮もの。撮影もコンビの小泉一。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督本多猪四郎
出演高島忠夫 藤山陽子 小泉博
制作国 日本(1963)

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「海底軍艦」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2021-01-14 17:40:12

広告を非表示にするには