やくざ刑罰史 私刑 作品情報

やくざけいばつししけい

石井輝男が監督した風俗もの。

「やくざ渡世に二つの法度“盗みをするな、間男するな”」黒崎剛造は、友造が代貸をつとめる武市一家を倒し、その縄張りを奪った。が、子分の常は、その際手柄のなかった新吉をかばって指をつめた。自分の弟を援護された剛造の女おれんは常に同情、その夜二人は結ばれた。だがその場を蝮の六に見られてしまった。翌日、常の弟分昇平が恋人せつのために賭場の金を盗み、その弱味をにぎる六は分け前をゆすった。だが事はすぐ発覚、六は剛造に取入るため常とおれんの密通をぶちまける…。

「やくざ刑罰史 私刑」の解説

『徳川いれずみ師 責め地獄』の石井輝男と掛札昌裕が脚本を共同執筆し、撮影は『緋牡丹博徒 花札勝負』の古谷伸が担当した。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督石井輝男
出演大友柳太朗 菅原文太 林真一郎
制作国 日本(1969)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「やくざ刑罰史 私刑」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:49:58

広告を非表示にするには