イカとクジラ 作品情報

いかとくじら

スノッブな両親が突然の離婚。子供たちの心配は「猫はどうするの?」

ブルックリン、パークスロープに住むバークマン家。父は元売れっ子作家だが、今は大学講師、母は「ニューヨーカー」誌でのデビューを控えた有望な新人作家だ。文学を奨める父親の期待を尻目に、12歳のフランクはテニスに、16歳のウォルトは、ロックに夢中だった。ある日、両親の離婚が告げられた。突然のできごとに戸惑う子供たちはそれぞれの形で反抗を始めた。フランクは、性への好奇心から学校で奇行を繰り返す。ウォルトは、コンクールで優勝した自作の曲が、ピンクフロイドの盗作であることがばれてしまう。

「イカとクジラ」の解説

パークスロープとは、作家やアーティストが多く住むことで有名な、NYの高級住宅地。そこに住むことをステイタスとするインテリ夫婦と息子たちの悲しくて可笑しい家族の物語。カフカ、フィッツジェラルドなど、作家の名前が日常的に飛び交う家庭で、背伸びして育った子供たちは、子供らしさを知らず、両親の離婚に、どう混乱していいかも分からない。大人になれない親と、子供になれない息子。都会の歪んだ家族を鋭い洞察力で描いたのは、新進気鋭の監督、ノア・バームバック。『ロイヤル・テネンバウム』のウェス・アンダーソンが認めた鬼才だ。出演は、『愛と追憶の日々』のジェフ・ダニエルズと、『エミリー・ローズ』のローラ・リニー。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2006年12月2日
キャスト 監督・脚本ノア・ボーンバッハ
出演ジェフ・ダニエルズ ローラ・リニー ジェフ・アイゼンバーグ オーウェン・クライン ウィリアム・ボールドウィン アンナ・パキン
配給 ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
制作国 アメリカ(2005)
年齢制限 PG-12

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、1件の投稿があります。

P.N.「pinewood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2020-04-25

2005年ノア・バームバック監督作品。ヒッチコキアンなウエス・アンダースン監督が見出だした新鋭丈に彼の映画的な記憶力とオマージュ感性が愉しい!「勝手にしあがれ」「野生の少年」等ヌーベルバーグ映画…。親の別居と云うホームドラマが孕んだ群像劇的な縺れ合い。ラストの巨大烏賊と鯨の生存競争風景の博物館展示シーンが本タイトルでね

最終更新日:2020-04-30 16:00:05

広告を非表示にするには