極道社長 作品情報

ごくどうしゃちょう

人の嫌がる商売をやるアイデア商法で大儲けを企らむ社長と、その個性豊かな部下の活躍を描いたコメディ

「三井住友」と大資本家を思わす性名を名乗り、「社長」の肩書きを大きく刷り込んだ名刺を派手にばらまく、一見紳士風のこの男、実は社員が二人しかいない金融会社の経営者である。ある日、たまたま三井の目前でタダ酒を飲もうとして大芝居を打った小岩大五郎と六条勝男は、見破られ丸裸にされた。途方にくれた二人だが、もともとアイディアマンの大五郎と人一倍生命力の強い勝男は、葬儀屋を始め、何んとなく軌道に乗せることができた。だが、この不況下で手形支払いが多く、現金の不足に困った二人は、三井に金を借り…。

「極道社長」の解説

人の嫌がる商売をやるアイデア商法で大儲けを企らむ社長と、その個性豊かな部下の活躍を描いた喜劇。脚本は「神戸国際ギャング」の松本功と山本英明、監督は脚本も執筆している「暴力金脈」の中島貞夫、撮影も同作の増田敏雄がそれぞれ担当。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督中島貞夫
出演梅宮辰夫 室田日出男 川谷拓三 殿山泰司
制作国 日本(1975)

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「極道社長」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2020-09-16 14:20:12

広告を非表示にするには