スキージャンプ・ペア~Road to TORINO 2006~ 作品情報

すきーじゃんぷぺあろーどとぅーとりのにせんろく

スキージャンプ・ペア、その誕生と歴史を追う、感動ドキュメンタリー!?

物理学者・原田は発見した「ランデブー理論」を立証するため、息子たちの力を借りて、人類初の有人スキージャンプ・ペアの飛行を成功させる。やがて博士や息子たちの懸命のアピールにより、ペアジャンプは国際スキージャンプ連盟の正式競技として認められる。ワールドカップでの原田兄弟ペアの優勝を見届けるようにして、博士は死去。そして各国の選手たちによる、アクロバッティングな飛行による「離れ技」の時代がやってきた。

「スキージャンプ・ペア~Road to TORINO 2006~」の解説

スキージャンプ競技の新種目の誕生から、2006年トリノ冬季オリンピックへの道のりを、その競技の発案者である原田博士と、それを実行し初代チャンピオンになった原田兄弟の姿を軸に描いた、涙と感動のドキュメンタリー…、を堂々と作ってしまった「疑似ドキュメント」だ。もともとスキージャンプ・ペアは、内外の数々の賞を受賞した真島理一郎氏によるCG作品。2003年に発売されたDVDはたちまちベストセラーになり、話題を呼んだ。この映画版では、ドキュメント場面が実写、競技部分のみCGで描かれている。本作は、ユーモアに満ちた上質の「疑似ドキュメント」になっている。爆笑ではないが、穏やかな笑いが最後まで持続する感じだ。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2006年1月28日
キャスト 監督小林正樹
総監督真島理一郎
出演谷原章介 アントニオ猪木 ガッツ石松
配給 ファントム・フィルム
制作国 日本(2006)

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「スキージャンプ・ペア~Road to TORINO 2006~」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2020-12-02 18:41:06

広告を非表示にするには