嵐の中を突っ走れ 作品情報

あらしのなかのをつっぱしれ

石原裕次郎が再び活躍するアクションドラマ

吉良千吉は東京の体育大学を卒業し、母校のバスケット部のコーチをしていた。友人の中川にさそわれ、乗馬の対抗試合に出場したが、相手チームの技術秀れた女の選手に惨敗した。オートバイで千吉は帰る彼女を追って行った。その女性は乗馬服を脱ぐと、見違えるように優雅であった。二人をからかったチンピラに喧嘩を売られ、向っ気の強い千吉は、今日の敗戦のウサ晴しに一暴れした。挙句、ブタ箱に一晩厄介になり、母校の仕事はチョン、--中川は彼に千葉・館山の女子高校の体操教師の口をすすめた。千吉はテレ屋で女性が大の苦手だ。辞退したが、恩師の言葉もあり、いやいやながら赴任することにした。女子高校は大騒ぎになった。なにせ、ぐっとイカす男が来たのである。白パンツ・スタイルが素晴らしいし、男らしい喋り方が可愛いし、というのだ。下宿は下宿で、そこの娘・道子や芸者・アン子の軟波攻撃が待っていた。

「嵐の中を突っ走れ」の解説

『平凡』連載の松浦健郎原作の同名小説を執筆者自ら脚色「風速40米」の蔵原惟繕が監督した。撮影は「未練の波止場」の高村倉太郎。出演は「赤い波止場」のコンビ石原裕次郎と北原三枝。他に「明日を賭ける男」の中原早苗や、岡田眞澄・市村俊幸・西村晃らが出演。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督蔵原惟繕
出演石原裕次郎 北原三枝 市村俊幸
制作国 日本(1958)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「嵐の中を突っ走れ」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:49:01

広告を非表示にするには