狼少女 作品情報

おおかみしょうじょ

昭和に生きる子供たち。あのころ、周囲には未知の世界が存在していた。

明の住む町に、見せ物小屋がやってきた。親も学校も近づいてはいけないと言うけれど、小屋への興味は高まるばかり。特に気になるのは“狼少女”だ。狼に育てられ、言葉が話せないのだという。そんな中、いかにも都会っぽさの漂う留美子が転校してきた。一方、クラスには家が貧しく、服装も髪も汚れていることでいじめられている秀子がいた。見せ物小屋の狼少女は秀子だという噂が立つが、あるきっかけから、明は留美子と秀子と友達になる。

「狼少女」の解説

すでにすっかり過去のものとなりつつある時代、昭和。見せ物小屋という言葉自体、耳にすることもない。過ぎゆく子供時代を切り取るとともに、昭和という時代を瑞々しく蘇らせてみせた作品だ。平成の子供たちである主演3人に、昭和の世界を活き活きと駆け回らせたのは、これが劇場用長編映画デビュー作となる深川栄洋監督。自身1976年生まれとまだ若いが、堂々とした演出をみせ、昭和の世界に観客を誘う。これまでにも若手登竜門とも言えるインディーズ映画祭のPFFに入選するなど、今後に期待を持たせる新鋭である。本作は第18回東京国際映画祭の日本映画・ある視点に公式参加。脚本は函館港イルミナシオン映画祭でシナリオ大賞グランプリ作品をベースとしている。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2005年12月3日
キャスト 監督深川栄洋
出演鈴木達也 大野真緒 増田怜奈 大塚寧々 利重剛
配給 バサラ・ピクチャーズ
制作国 日本(2005)
上映時間 106分

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「狼少女」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2019-11-14 09:28:17

広告を非表示にするには